2016年8月

  • 県リーグ第13節

    2016年08月27日

     今日は、県リーグ第13節でした。
     対戦していただいたヴァモスの皆様、関係者の方々、ありがとうございました。

     結果は、以下の通りでした。

     ◇ 蹴友 vs ヴァモス 6-2(前半0-2、後半6-0)… 勝利!勝ち点29

     前半の入り、ミスの多さ、気迫のなさ、全てにおいて、上手くいかない前半でした。それでも、我慢し続けたのは、我慢しなければ、この夏の頑張りを図ることができないからです。この夏休み期間中は、精力的に対外試合を組みました。「ゲームをする」という一貫しためあてがありました。今日のような状況は、数多く経験してきているはずです。その思いに応えたのは、ハーフタイムに喝を入れた7期生(中3)でした。そして、声を出し続けたのは、8期生(中2)でした。
     他力で奮起するのではなく、自力で奮起する。こうしたチームとなりましょう!今日は、猛省のゲームですよ!

     その後のTRMでは、各選手のプレー時間が短く、少しでも長く、早くプレーしたくてたまらないという気持ちが各選手より伝わってきました。しかし、ヴァモスの選手の方が、スペースでの受け方、止める・蹴るが上でした。悔しいですよね?練習を積みましょう!意識ある練習を積みましょう!

     保護者の皆様、あきらめず応援してくださりありがとうございました。大変大きな力となりました。

  • 8.24 U-15岡山遠征

    2016年08月24日

     今日は、U-15チーム(県リーグメンバー+若干名)で、終日岡山遠征でした。
     対戦していただいた柏田FCの皆様、ありがとうございました。

     昨日のU-13に引き続き、関西サンライズリーグのチームとの対戦で、大変得るものが多い遠征でした。今日は、さすがにコテンパンにやられました。サポートの速さ、切り替えの速さ、パスを出した後の動きについていけず、後手後手ばかりで、当初のめあても変更せざるを得ない状況でした。しかし、砂まみれになろうと必死に頑張り走り続けるわがチームの選手たちは初めて見たように思います。この遠征の意味を理解しての頑張りに、成長を感じました。やはり県外に出なければわからないことはたくさんあります。自分たちの基準はまだまだ低く、ゆるい状況で満足していたと痛感させられました。どれだけビデオや映像を見るより、また、話を聞くより、体験に勝るものはありません。夏休みの集大成…のはずが、大きな宿題をもらいました。

    28.8.24 U-15岡山遠征②

    28.8.24 U-15岡山遠征①

     保護者の皆様、遠方まで観戦応援にお越しいただき、ありがとうございました。もっと高みを目指して頑張ります!

  • 8.23 U-13岡山遠征

    2016年08月23日

     今日は、U-13メンバー(9期生)にスクール生4名を加え、岡山遠征に出かけてきました。
     猛暑ではありましたが、会場のIPUラグビー場の環境は素晴らしく、しっかりとサッカーを楽しむことができました。
     TRMを組んでいただいた柏田FCの皆様、ありがとうございました。

     大変技術の高い、崩しの形にこだわりのある強いチームとの対戦。うちの2倍以上の人数の選手たちは、誰が出てきてもしっかりとしたテクニックと球際の激しさがありました。しかも、25分×10本という長丁場。今日は、①それぞれの長所を生かす ②戦う ③攻守において原則を守る をめあてとしました。序盤は、数的優位の場面を数多く作られ、苦しい思い・走りを重ねましたが、しかし、徐々に対応・修正していきました。後半になればなるほど、攻撃のための守備の意識が高まり、得点を重ねることができました。スクール生の4名の6年生も、後半は自信がつき、はがすドリブルやスルーパスを出してチャンスを作り出すシーンもありました。
     28.8.23 U-13岡山遠征①

     今日、全体的に良かったのは、メリハリです。バスの中の楽しい様子から、一転して緊張感あるピッチ内を過ごし、そして、終わるとまた仲良く騒ぐ(?)といった切り替えです。また、プレー中の声があり、イメージを共有しようとしていたこと、ベンチでもゴールを一緒に喜んでいたことなど、終始よい雰囲気で過ごすことができました。
     夏休みの仕上げとしては、チームの成長が感じられるよい遠征となりました。選手の皆さん、お疲れ様でした。

     遠方までお越しいただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

     

    28.8.23 U-13岡山遠征②

     明日は、U-15チームです。

  • 東部リーグ vs GAPEC

    2016年08月21日

     今日は、東部リーグ vs GAPEC でした。
     FC GAPEC の皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

     結果は、以下の通りでした。

     ◇ 蹴友B vs GAPEC 0-1(前半0-0、後半0-1)

     前回の対戦時は前半に押し込まれた反省を受け、立ち上がり~前半をどう乗り切るかを考えました。
     飲水タイムを挟み4ピリオド。1本目はやはりスピードある攻撃に受け身に回りました。2本目は、少しずつ対応し、次第にシュートまで持っていくことが出来るようになり、良い形でハーフタイムを迎えました。3本目、消極的な守備からほころびが出て失点。その後、4本目にかけてシュートシーンはかなり作ることができましたが…。もっともっと、シュート練習を積まねばならない…と痛感させられました。8期生の個々の伸びの差が感じられました。同じ練習量でも、言われたことをこなしてきた選手と意欲・意識を持って取り組んできた選手との差でしょうか。

     公式戦後のTRMでは、1年生チームの守備面の理解不足が気になりました。次への動き、味方を観る、体の寄せ方など、身に付いていないことが数多くあり、ただただボールを追い回す選手も見られました。大きな課題です。戦う姿勢が身に付いた今、もっと頭を使ってゲームをしましょう。
     残念だったのは、ピッチ外。ピッチ外でのチーム貢献(応援・アドバイス・副審・アップ・準備片付け全てにおいて)がない選手に、ピッチ内(プレー)のチーム貢献ができるはずありません。今は少しずつ緊張感が増していく、チームが1つの目標に一丸となっていく、そんな時期です。その目標を常に念頭に置き、互いに指摘し合い、響き合っていかねばなりません。

     明後日よりU-13岡山遠征、U-15岡山遠征と続きます。ひと回りもふた回りも大きくなって帰ってきます。各チームが、大きくなった姿を報告し合いましょう!

     保護者の皆様、暑い中、応援ありがとうございました。

  • 県リーグ第12節

    2016年08月20日

     今日は、県リーグ第12節 vs 鳥南中 でした。
     対戦していただいた鳥南中サッカー部の皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

     結果は、以下の通りでした。
    ◇蹴友 vs 鳥南中 1-2(前半1-1、後半0-1)… 負け 勝ち点26のまま

     チームでは、毎回の公式戦も遠征もTRMでも、ゲームどれもで「めあて」を持って臨みます。これからのゲームは7期生には特に、大きな特別な意味を持ってきますし、その意味を選手全員で確認してゲームに入ります。今日のゲームも同様です。今日は、初めてスタメン全員が中3年生(7期生)で臨みました。夏の頑張りを図る、次のステージでの活躍を図る、そして、このチームでもう一歩成長するための課題を確認する、そういった意味を持ちます。

    28 県リーグ⑫vs鳥南中①

     試合は敗れましたが、中3年生は全員出場を果たし、しっかりと競り合い、各選手が成長した姿を見せてくれました。初スタメンの選手も、いつもと違うポジションの選手も。

    28 県リーグ⑫vs鳥南中③

     残念ながら「ゲームをする」という面では、少し負けていました。相手チームには、隙を逃さないサッカーをよく知っている選手がいます。前回の対戦でもそうでしたが、この対戦では、こちらの良さも引き出されます。その意味で、大きな収穫ありの敗戦でした。リベンジする機会は「高円宮杯県大会」です。次の対戦を楽しみに、しっかり練習を積みましょう!

    28 県リーグ⑫vs鳥南中②

     保護者の皆様、応援ありがとうございました。

     

  • U-14 広島遠征

    2016年08月19日

     今日はU-14チームで「西日本ジュニアユースフェスティバル」に参加してきました。
     対戦していただいた サンフレッチェくにびき、ピースクラブの皆様、また、会場運営していただいた廿日市FCの皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

     この1日遠征には、たくさんの思いを込めています。何より3カ月前にクラブユースで悔しい思いをした会場。県外の良いチームとの対戦。午前5時発という条件での遠方移動。心身ともにたくましいチームへの成長を期待しての遠征でした。加えて猛暑。日陰のない人工芝。かなり好?条件が揃いました。 

     時間帯によっては、スペースで上手く受けられたり、サイドを駆け上がられたりしましたが、落ち着いて対応でき、全試合無失点で終えることが出来ました。攻撃面はたくさんチャレンジできましたが、守備の追い方やセカンドの意識では、まだまだな面がありました。試合を決定づける選手以上に、終始チームのために貢献できる選手となるよう、そういったプレー・意識を要求し続けました。
     中2(8期生)17名の他に中1(9期生)も3名、参加しました。こちらは、猛暑対応や体力面での未熟さが出ていました。次のU-13遠征では中心選手です。反省を活かし、強い気持ちを持って準備よく臨んでください。

     U-14チームが確実に前進した遠征となりました。(疲れました~)

     来週は、U-13チーム、U-15チームの遠征が待っています。いつも言っている「1秒も無駄にしない」経験としましょう!

    28.8.19 西日本JYフェスタ①28.8.19 西日本JYフェスタ②28.8.19 西日本JYフェスタ③

     

     

     

     

     

  • 8.17 TRM

    2016年08月17日

     今日は、八頭高サッカー部さんの胸をお借りしてTRMでした。
     八頭高サッカー部の皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

     ちょうど1カ月前にも組んでいただき、この夏の成長を図る絶好の機会でした。が、あまりにもわがチームのふがいなさに正直がっかりの内容でした。八頭高サッカー部さんは、全体でレベルアップしていると感じましたし、皆がたくましさを増していました。それに対して、わがチームは・・・。7期生にとっては、次のステージにつなげる大きな意味を持つ時期のはずですが。誰も引っ張らず、声をかけず、緩い方へ流れていく・・・。頑張りが伝わらない選手、意思を持って走らない選手、チャレンジしない選手は、ピッチに立ってはいけません!

     サッカーへ取り組む姿勢が、甘い!ゆるい! う~ん… 荒療治せねば。

  • 28 夏 蹴友リーグ & 焼肉会

    2016年08月11日

     今日は、お盆休みを前に、全員で「28 夏 蹴友リーグ」と「焼肉会」でした。
     猛暑にも慣れ、元気いっぱいにリーグ戦を楽しみました。前半は、トランプゲーム。全員をトランプでチーム分けし、普段とは違うポジションで対戦しました。先輩後輩関係なく、楽しい(厳しい?)声やブーイングが飛び交いました。
     後半戦は、学年対抗ゲーム。こちらは、皆が、次第に真剣な表情に変わってきました。1年生チームは、3年生チームからも2年生チームからも得点をあげました。このところの積み重ねが自信となり、以前より少し戦うことが出来るようになりました。

    CIMG2758

      <よい天気・よい環境でした>

     3時間のリーグ戦後は、会場を移動して「焼肉会」でした。今年は、合宿を組むことが出来ませんでしたから、今日がこれまでの頑張りへの「慰労会」でした。しっかり食べ、しっかり騒ぎ、こちらも笑い声いっぱいでした。

    CIMG2761

    CIMG2766

    <スペシャルゲストも登場!?>

    お盆休み期間に心身ともにリフレッシュし、次の目標へ向かいます!
    次回は、『蹴友塾』です!

     

     

  • 8.10 TRM

    2016年08月10日

     TRM、今日は9期生の番。鳥南中サッカー部1年生チームとTRMでした。
     鳥南中サッカー部の皆様、関係者の皆様、大変良い機会をいただき、ありがとうございました。

     猛暑の中での25分×5本。前半は「厳しいディフェンス」を、後半は「崩しの工夫」をめあてとし、2つ以上のポジションにも挑戦しました。

     コーチが印象に残ったシーンは、2つ。
     1つは、ボランチの攻撃参加でのゴール。この小柄な選手は1本目からつぶされながらも次第に修正し、5本目に相手DFをはがし、力強いシュートを決めました。思わず拍手をしてしまいました。もう1つは、交代して肩で息をしてベンチに帰った選手が、同じポジションの仲間の活躍に奮起し、再びピッチに戻って、ワンツーで得点に絡んだシーンです。そうです。まずは、チーム内での競い合いです!

     各選手が素直に、そして、積極的にプレーしたことで、今日の課題を今日のうちに修正できました。また、いつもと違うポジションでも果敢にチャレンジするので、仲間からのサポートが得られ、チームとして前進しました。どの選手にも、チームにも、大きな収穫がありましたよ!

     明日の「28夏・蹴友リーグ」でも積極的な姿勢で、7・8期生に勝負を挑んでください!

  • 8.9 TRM

    2016年08月09日

      今日は、城北高サッカー部さんの胸をお借りして、TRMでした。
     城北高サッカー部の皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。

    <Aチーム>
     速さ、上手さで優るトップチーム相手に、予測なし・気迫なし・ミス連発では、ゲームになりません。奪ってからのボールを失う場面が多く、ゴールへ向かう全体のかかわりも乏しく、DFとGKのコミュニケーション不足を突かれる…。少し変化がみられたのは、4失点後でした。

    <Bチーム>
     落ち着いて展開…とはなりませんでした。パススピード、パスの質ともに悪く、パスで状況を打開できません。また、相手をもっとはがす、もっとひきつけるドリブルも、判断の遅さが目立ちました。相手の速さ対応にいっぱいいっぱいで、ボールばかり観てしまいました。

     …まだまだこのレベルかと、実感させられました。

     「まだまだこのレベル」です。
     良い環境に身を置くことで、良い習慣が身に付きます。もっと厳しい環境を自分たちで作り出していかねば、どんな相手にも通用する良い習慣となりません。開始の1分間も、終了間際の1分間も、同様に大切なレベルアップの時間です。ゲーム内でのいかなるプレーもいかなる時間も無駄にしない、そんな意識で取り組みましょう。

     3年後の姿。そのための今。見えていますか?


Copyright (c) Syuyu Football Club TOTTORI rights reserved
※文章および写真の無断転載はお断りします。